骨格筋を構成する筋繊維

 

骨格筋を構成する筋繊維には赤い繊維と白い繊維があり、そのうち赤い色の筋繊維を、赤筋、または遅筋といいます。
赤く見えるのは、酸素を貯蔵するミオグロビンを多く含んでいるためです。このミオグロビンのおかげで、運動中に筋肉に充分な酸素を送り込むことができ、またそれによって、体内の脂肪酸を酸素で分解してエネルギーに変えていくことができます。
一方、ミオグロビンを含まない白い筋繊維、すなわち白筋は、運動の際は脂肪酸ではなく、ブドウ糖を分解して生成される、グリコーゲンやグルコースをエネルギーとして使用します。しかしこれらの物質は、燃焼したあと疲労物質である乳酸を生成する性質があります。つまり、白筋はエネルギーを消費するとその分、乳酸が増加するため、持久性が低く、すぐに疲労してしまうのです。
脂肪酸は燃焼しても乳酸を形成しませんから、運動しても筋肉が疲労しにくく、持久性が高くなります。遅筋はジョギングなど、酸素を取り込みながら長時間行う有酸素運動に適した筋肉といわれるのは、筋肉が疲労しにくく、かつ、酸素を体内に多く取り込む運動において、長所を発揮するためです。
人間だけでなく、長距離を移動するカツオやマグロなどの回遊魚も、持久性の高い赤い色の筋肉を持っていますよね。