冬は代謝が良い?

 

 

外気が冷たくなる冬は体が内臓の冷えを防ごうと体温を上げるので代謝が活発になります。実は1年で1番ダイエットに向いていつ季節なのです。汗をかくイメージから夏のほうが向いているように思いがちですが、逆に夏は暑いので体に熱がこもらないように代謝は低くなってしまっています。夏に体重が落ちることがあるのは汗で水分が出やすいからで、脂肪が燃焼されているからではないのです。体温調節は自律神経の交感神経が働くことによって調整されます。寒いときには交感神経が働き、手足などの末梢の血管を収縮させて、末端の血流を悪くさせることによって末端の血管周囲の温度を下げ、内蔵の温度を維持しようとします。この働きがストレスや悪い生活習慣などでバランスを崩してしまうと熱を作ることができても、熱を全身に運ぶことができずに冷え症の原因になってしまいます。冷えは健康はもちろん美容にも大敵です。冷えを感じるときは血の巡りを浴して代謝をあげて免疫力を高め体を温めることが重要です。ウォーキングなどの有酸素運動を日々の生活に継続的に取り入れると、基礎代謝を維持、改善するのに効果的ですしむくみや血行改善、リフレッシュなどの効果も期待できます。